2017年12月12日火曜日

シンメトリーな風景

別府の鶴見岳近くに志高湖があります。ここから鶴見岳や湯布院の由布岳が眺められます。
運よく風のない日に行くと、湖面に映る素晴らしいシンメトリーなシーンに出会えます。

姪浜漁港の有名人による校区人権講演会

12月10日に人権週間の締めくくりで、校区人権講演会を開催しました。講師は20有余年、姪浜漁港でヨット生活をしているヤップ・モルダーさん、マライカ・ヤンセンさんのオランダ人夫妻です。


オランダから福岡に来るに至ったいきさつや姪浜漁港に定住することにした思いなどを中心に日本社会や日本人の人情についても映像を交えながらお話いただきました。講堂がいっぱいになるほどの来場でした。福岡にすみ着いて何か困ったことや人権的な問題はありませんでしたか?という質問をしましたが、自分たちはラッキーで出会った人すべて暖かく接してくれて、日本人の人情のやさしさに助けられましたということでした。また治安をふくめ日本の生活の安全度も定住の決め手になったようです。マライカさんは市内小学校3校のネイティブ・スピーカーをされています。ヤップさんは2校のネイティブスピーカーのほかのほか漁港の漁の手伝いもされているそうです。



講演後のお話の中で、奥様のマライカさんが航海途中で出会った貧しい国の子ども達に、毎年クリスマスプレゼント(文房具や日用品を中心に)を送っているというお話も伺いました。
ご両人はとても仲良しな姉さん女房のご夫婦です。講演会に参加された方々もそんな印象をもたれていました。また自由なシンプルライフを実現されていてうらやましいなどの感想もお聞きしました。原則毎日曜日姪浜漁港で5時半から開催されている朝市でお手伝いされていますので、お会いしたい方はお出かけください。

子育て交流サロンにママ・ゴス出演

12月の子育て交流サロン・まりな広場はクリスマス会をしました。ゲストにメンバーがママさんのママゴスペラーズが来ていただき素敵な歌を歌っていただきました。メンバーの皆さんは赤ちゃんを抱いたままで歌うという独特スタイルでした。不思議なことに赤ちゃん達も慣れているのか泣きません。今回はミニ編成の12名でしたが、とても素敵でした。



以前からこのグループの存在は知っていましたが、実物に出会えるのは初めてで、素晴らしいグループでした。公民館のゴスペル講座の先生のギーシー夫妻やメンバーも聴きにきましたが、皆さん上機嫌でした。特にギーシーご夫妻はコラボできる機会を持ちたいなと言っておられました。是非検討して実現してみたいと思います。12月号の生活情報誌・マイタウン姪浜で紹介されてから
問合せやメンバー参加希望が急増中だそうです。詳細は「ママゴスペラーズ」でネット検索してみてくださいね!

2017年12月11日月曜日

インターナショナルな餅つきになりました

12月9日に恒例の校区餅つき大会を実施しました。小学生からシニアまで老若男女250名近くでついたり丸めたりと大盛況でした。そんな中、今年は校区内外から多くの外国人が参加してくれ、インターナショナルな餅つきとなりました。日本語講座に来た外国人や福岡インターナショナルスクルールの校長先生一家など皆さん初めての餅つきをエンジョイしていました。つき手の中心は姪浜中学校の野球部1年生の20名でした。初めての体験でしたが、すぐに要領を覚えて大活躍でした。黄な粉餅、おろし餅は外国人にも大好評でした。






2017年12月6日水曜日

男女協クリスマス会は大盛り上がりでした

毎年開催される校区男女共クリスマス会は大盛り上がりでした。
皮切りは公民館講座のハマのゴスペラーズの合唱でスタート、2番手がオカリナ同好会4人組の演奏でした。オカリナのラスト曲では老ク連活動で頑張っておられる大森さんのソロフラダンスがコラボして、これがまた大うけでした。とりは校区ジャズシンガー?の素晴らしい歌でまたおお盛り上がりでした。ゴスペルメンバーには他校区のかたも多くおられ、愛宕浜の皆さんのパフォーマンスに驚いていらっしゃいました。あっという間の2時間でした。









2017年12月4日月曜日

紅葉に埋もれそうな童地蔵さん

先週末に大学ゼミの同窓会があり、京都へワンデイ・トリップしてきました。相変わらず外国人でいっぱいでした。同窓会前に時間がありましたので、学生時代(50年前)に住んでいた場所を訪ねがてら、フォトジェニックな童地蔵で有名な圓光寺行ってきました。童地蔵さんは想像していたよりも小さかったですが、モミジの落ち葉に包まれて最高でした。


なかなかの出来ばえでした(愛宕浜工房)

9月末に実施した公民館講座・愛宕浜工房で、お飾り皿つくりの作品が焼きあがってきましたのでご紹介します。女ざかりの皆様が作られましたが、なかなかのできです。